お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 熊本市エリア > 熊本市西区

熊本よかとこ.COMテーマ『歴史』

「熊本が生んだ政治家・安達謙蔵の精神修養の場」 熊本市西区 

三賢堂

三賢堂は、熊本市が生んだ政治家安達謙蔵が熊本市民の精神修養の場として昭和11(1936)年に建立した円筒二重層の鉄筋コンクリートのお堂です。釣耕園(ちょうこうえん)の庭園の奥にある円形の堂で、肥後の三賢人として、菊池武時(きくちたけとき)、加藤清正(かとうきよまさ)、細川重賢(ほそかわしげかた)の座像が、田島亀彦、朝倉文夫(あさくらふみお)、長谷秀雄(はせひでお)ら彫刻家によって制作され、安置されています。
熊本市民であれば、誰でも有料でイベントスペースなどとして利用でき様々なイベントも開催されています。安達謙蔵(けんぞう)の銅像や堂1階入り口の正面に向かって右に加藤清正、中央に菊池武時、左に細川重賢の座像が並んでいる。

熊本が生んだ政治家・安達謙蔵の精神修養の場


利用可能時間 9時〜17時 (敷地内見学は自由にできます。)
利用料金 無料 ※堂内の見学をご希望の際には事前に文化振興課までご連絡ください
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
住所 熊本県熊本市西区島崎5丁目32番27号
お問合せ先 096-328-2039(文化振興課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:三賢堂


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 熊本が生んだ政治家・安達謙蔵の精神修養の場『三賢堂』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

堂内には肥後の三賢人として菊池武時、加藤清正、細川重賢の坐像が安置されています。


  • 三賢堂(さんけんどう)は、熊本市が生(う)んだ政治家安達謙蔵(あだちけんぞう)が熊本市民の精神修養(せいしんしゅうよう)の場として昭和11(1936)年に建立した円筒(えんとう)二重層(にじゅうそう)の鉄筋(てっきん)コンクリートのお堂(どう)です。釣耕園(ちょうこうえん)の庭園(ていえん)の奥にある円形の堂で、肥後(ひご)の三賢人(さんけんじん)として、菊池武時(きくちたけとき)、加藤清正(かとうきよまさ)、細川重賢(ほそかわしげかた)の座像(ざぞう)が、田島亀彦、朝倉文夫(あさくらふみお)、長谷秀雄(はせひでお)ら彫刻家(ちょうこくか)によって制作され、安置(あんち)されています。
    熊本市民であれば、誰でも有料でイベントスペースなどとして利用でき様々なイベントも開催(かいさい)されています。


  • 安達謙蔵(けんぞう)の銅像(どうぞう)や堂1階入り口の正面(しょうめん)に向かって右に加藤清正、中央に菊池武時、左に細川重賢の座像(ざぞう)が並(なら)んでいる。堂内部には、建物と一対になった螺旋階段(らせんかいだん)も素敵(すてき)です。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


ページトップへ戻る