お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 熊本市エリア > 熊本市中央区

熊本よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「通称「六角堂」安産の神様!」 熊本市中央区 

六角堂観音本覚寺

東光山大乗院本覚寺は六角屋根をしていることから通称「六角堂」ともよばれ、加藤清正の側室正応院(菊池武宗の娘)を弔うため、1596〜1615年慶長の間に妙永寺境内に本妙寺の末寺として建立されました。
「雑華錦語集」には、「本覚寺如意輪観世音縁起曰ク観世音ハ木原山圓福寺ノ本尊ナリ」と記され、木原山圓福寺の本尊の土中に埋もれていると日真上人が夢でお告げを聞き、その地を訪れ、六角堂にまつられている霊仏がその当時の掘り起こして得たものだと言われています。
昔から安産の神様として親しまれ多くの参拝客で賑わっています。
※映像は地震発生前に撮影したものです

通称「六角堂」安産の神様! 通称「六角堂」安産の神様!


住所 熊本市中央区横手1-14-20
駐車場
お問合せ先 096-354-7997
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:六角堂観音本覚寺


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 通称「六角堂」安産の神様!『六角堂観音本覚寺』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

安産・開運・水子供養・諸祈願・祈祷!


  • 東光山大乗院本覚寺は六角屋根(ろっかくやね)をしていることから通称(つうしょう)「六角堂(ろっかくどう)」ともよばれ、加藤清正(かとうきよまさ)の側室(そくしつ)正応院(しょうおういん)(菊池武宗(きくちたけむね)の娘)を弔(とむら)うため、1596〜1615年慶長(けいちょう)の間に妙永寺(みょうえいじ)境内(けいだい)に本妙寺(ほんみょうじ)の末寺(まつじ)として建立(こんりゅう)されました。
    「雑華錦語集」には、「本覚寺如意輪観世音縁起曰ク観世音ハ木原山圓福寺ノ本尊ナリ」と記され、木原山圓福寺の本尊(ほんぞん)の土中(どちゅう)に埋(う)もれていると日真上人が夢でお告(つ)げを聞き、その地を訪(おとず)れ、六角堂にまつられている霊仏(れいぶつ)がその当時(とうじ)の掘り起こして得(え)たものだと言われています。
    昔から安産(あんざん)の神様(かみさま)として親(した)しまれ多くの参拝客(さんぱいきゃく)で賑(にぎ)わっています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

ページトップへ戻る