お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 熊本市エリア > 熊本市西区

熊本よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「夏目漱石の「草枕」の冒頭の舞台として紹介されているお寺!」 熊本市西区 

岳林寺

曹洞宗の寺として天平宝字年間(757年〜764年)に建立されました。
明治30年(1897年)の大晦日、文豪・夏目漱石が、ここから天水町にある小天温泉まで歩いたというエピソードが残っています。
立派な正門で参拝者をむかえる仁王像は大迫力です。そして、四季折々の景色が楽しめる境内には樹齢約400年の銀杏の木が御神木として訪れる人々を楽しませています。
また、熊本が「森の都」と呼ばれる基礎を築いたと云われる戦国時代に活躍した熊本の武士、城親賢公の墓もあり見所満載のお寺です。

夏目漱石の「草枕」の冒頭の舞台として紹介されているお寺! 夏目漱石の「草枕」の冒頭の舞台として紹介されているお寺!


開園時間 常時開放
住所 熊本市西区島崎5-40-48
駐車場
お問合せ先 096-353-1402
地図情報

◎ご紹介スポット:岳林寺


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 夏目漱石の「草枕」の冒頭の舞台として紹介されているお寺!『岳林寺』をご紹介!
  • 岳林寺住職さまありがとうございます!


よかとこスタッフの体験レポート

戦国時代に活躍した熊本の武士、城親賢公の墓もあり見所満載


  • 曹洞宗(そうとうしゅう)の寺として天平宝字(てんぴょうほうじ)年間(757年〜764年)に建立(こんりゅう)されました。
    明治30年(1897年)の大晦日(おおみそか)、文豪(ぶんごう)・夏目漱石(なつめそうせき)が、ここから天水町(てんすいまち)にある
    小天温泉(おあまおんせん)まで歩いたというエピソードが残っています。
    立派な正門で参拝者をむかえる仁王像(におうぞう)は大迫力(だいはくりょく)です。
    そして、四季折々の景色が楽しめる境内(けいだい)には樹齢(じゅれい)約400年の銀杏(ぎんなん)の木が御神木(ごしんぼく)として訪れる人々を楽しませています。
    また、熊本が「森の都」と呼ばれる基礎を築(きづ)いたと云(い)われる戦国時代に活躍した熊本の武士、城親賢(じょうちかまさ)公の墓もあり見所満載(みどころまんさい)のお寺です。



情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


ページトップへ戻る